ヴィーガンチーズ!日本で買える植物性のシュレッドチーズ

ヴィーガンチーズ

チーズといえば、ピザやハンバーガーにかけて、クリーミーでとろとろして、味が強く、本当に美味しい食べ物をか思い浮かべます。一般的なチーズには乳製品が入っているため、過去にヴィーガンやベジタリアン、乳製品のアレルギーを持つ方にとってチーズが禁止されているものでした。ただし、ヴィーガン対応、乳製品不使用のチーズがが最近日本でも増えています。

なお、「ヴィーガンチーズ」を考えてみると、美味しくないイメージが決してが多いです。例えば、欧米では、2000年代以前、2010年代では植物性のみのチーズには限りがあって、味があまりにも薄くて、うまくとろけなかったりしたチーズがたくさんありました。ただし、近頃、コクのあるヴィーガンチーズもあり、特にヴィーガンのシュレッドチーズがピザやトーストなどにのせて火を通せば良い感じでとろけて美味しいです。本記事では、日本のスーパーやインタネットで購入できるヴィーガンチーズをご紹介します!

1. 相模屋BEYOND TOFU「ヴィーガンチーズシュレッド」

BEYOND TOFUヴィーガンシュレッド

相模屋BEYOND TOFUの食品の中で一番おすすめなのはこちらのヴィーガンチーズシュレッドです。ピザやパスタ、カレーにトッピングとしてとても美味しくて、オーブンや電子レンジに入れたらある程度とろけます。また、味がしっかりして水分が十分あるので、生でタコスやサラダにかけると、クリーミーで癖のないチーズの味が楽しめます。

野菜たっぷりのヴィーガンピザにのせてレンジで加熱すると美味しいヴィーガンチーズ

見た目も味ももちろん動物性のチーズと比べたら味が異なりますが、美味しいチーズのような、わりと濃い味があり、本記事でご紹介するチーズの中で著者のお気に入りです。100%植物性の原料なのでヴィーガンフレンドリーです。

また、チーズと同様に、パッケージを開けたら早めに食べないと、カビってしまう可能性があります。ご留意ください。著者はマルエツで買ったりします。

2. TOPVALU「豆乳とココナツオイルでつくった まろやかシュレッド」

TOPVALU豆乳とココナッツオイルから作ったまろやかシュレッド

AEONのスーパー、まいばすけっとなどでも植物性のチーズを手に入ることになりました!こちらのヴィーガン対応のチーズが大豆に加え、ココナッツオイルが入っていますが、BEYOND TOFUと比較すると水分が少なく感じます。

ヴィーガンチーズ溶かした
スープパスタにのせて加熱した後の状態

味が薄いため、生で食べてもあまり美味しくないと思います。ただし、溶かすこともでき、クリーミーで、トーストの上、ピザやパスタに合うと思います。

3. マルサン「豆乳シュレッド」

marusan豆乳シュレッド

マルサンも乳製品不使用かつヴィーガンフレンドリーのシュレッドチーズの販売を始めており、多くのスーパーではこのチーズを見かけるかと思います。TOPVALUと似ている味や見た目だと思いますので、生ではなく、溶かしてから食べることをおすすめします。ヴィーガンシュレッドの中で一番白く見えて、優しい豆乳の味が味わえます。

日本でも楽しめるヴィーガンシュレッドチーズ

過去に考えられなかったヴィーガンチーズがつい日本に着陸しました。以上にご紹介した3つのヴィーガンチーズシュレッドには乳製品、動物性の食材を使わない、低コレステロールなどヘルシーな選択肢にもなります。チーズの風味、食感、コクなどが本物のチーズと異なりますが、これらのヴィーガンチーズシュレッドを買ってみて食べてみると、ヴィーガンならチーズのような食品が楽しめて、ヴィーガンではない方も新しい食事を体験できます!以上にご紹介したもの以外にもヴィーガンシュレッド、ヴィーガンチーズがあり、色々なのを試して好みのヴィーガンチーズを見つけてください。